捨てられないぬいぐるみ

ボクには必ず捨てられないぬいぐるみがあります。それは英トリップで買ったやや価格のおっきいテディベアだ。終始広場にかざっていました。テディベアの着ているカットソーが黄ばんできたので補修に出してみました。黄ばんでから大変タームがたってしまった所為もあってか黄ばみは薄らぎましたが、完全に白には戻りませんでした。ボクは結構薄汚れたテディベアを見て手放そうかどうしようか迷いました。今どき風水にはまっているのですが、広場におくぬいぐるみは所詮、内か、二つでいいとの事です。理由はぬいぐるみは広場に住む人の分身のようなもので天運もぬいぐるみが吸い奪うからですそうです。おやなと思いました。ボクはこういうテディベアが捨てられない理由にいよいよ入手できない希少なものであることと、高かったことです。愛着があるかというとそれはよく分かりません。も手放したくないのです。高めものを貰うのと同様に捨てられないものを脱ぎ捨てるのは熱量がかかると言われています。ボクはおおかた手放したほうがよろしいんだろうなとは思うのですが相当できません。後悔するんじゃないかと思ってしまう。むしろこういうぬいぐるみを捨てたくないです。

シースリ― 上大岡