なんの意地悪なの!?

建物は自身以外はダディだ。
それで頼りになることも色々あり、助かっています。
高いところのオペレーションを進んでできることや力仕事などは自力であげるよりもずーっと流暢。
も、それらが敵手となってときには迷うこともあるのです。
たとえば、力いっぱいキャップを締めて仕舞うことです。
この間は歯磨き粉でした。
就寝前に力一杯力を振り絞らなければならない箇条も腹が立ちましたが、何の必須があって歯磨き粉如きをこんなにも難しく締めるのでしょう。
理解不能だ。
また、薬味なども同じです。
一味トウガラシやメープルシロップが内面厳しく開けられずに、ディナー時にイラッとしてしまいました。
やはり、「開けて」というお願いすれば嬉しく開けて頂けるが。
そこで、液手ぬかりしやすいアイテムや気を付けなければいけないアイテム以外はそこそこに閉めてほしいといったお願いしました。
結論は「そうやってあるつもりだけど?」
やむを得ず、そうじゃないから。
「開けるのが少し一大んだけど」
「言ってくれれば、間もなく開けるよ」
心優しいパパってお子さんよ。
気持ちはありがたいが、どうってことない用件は自力で済ませたほうがもっと楽ちんなのだよ。
そちらんとこ理解して得ると甚だうれしいんだけど。
「じゃ、困ったら言ってね」
・・・理解してもらっていない気がするのは私だけでしょうか。

松山 脱毛 口コミ